*

メリットをしっかりと把握しよう

任意整理というのは一般に借金整理と言われていて、おのおの貸方に対して債務の返済を継続することを選択した債務整理の手順となります。

 

その流れですが司法書士とか弁護士の資格を持つもの債権者と借り手との中に立って示談をして利息制限法に従って利息の適用し直しを行って借入金の元金の年利を減らすことにより3年程度の時間をめどに返済を行う整理順序です。

 

任意整理にはいわゆる裁判所などの公の機関が関係することはないためそれ以外の方策と比較すると採用したときにおけるデメリットとなる点があまりなく過程自体が依頼者にとって一番頭の痛い問題がないため、真っ先に選択しなければならないやり方ということになります。

 

それから、消費者金融といった高額なであるなら、利息に関する法律が明記している金利に加えて渡した金利は借入金の元金に充当できるとして元金それそのものを減らすことだってできます。

 

つまり、サラ金といったような高い利息のところに長期間返済を続けているケースだと金額を減額できる場合もありますし10年くらい返しているケースなら元金そのものが消滅してしまうような場合もあります。

 

債務整理のメリットについては、自己破産とは異なり一部分のお金だけをまとめていくことができるため、他の保証人が関係している借金を除いて検討していく際やマンションのローンを除き整理をしていく場合等においても用いることも良いですし、全ての資産を処分してしまう義務がないため土地などの資産を所有しているものの、処分してしまいたくない状況でも有力な選択肢になる借金整理の手順といえるでしょう。

http://11yukata.jp/

ただ、これから返済する額と現実の所得を比較して、妥当な範囲で完済が見通せるようであれば任意での方法を選択するほうが良いですが、破産とは異なって返済義務そのものが消滅してしまうという意味ではありませんので量がかなりになる状況では、現実には任意整理による選択をするのは困難であると判断することになるでしょう。

 



コメントする