*

2014年5月

古くから愛用しているもの

長年愛用しているものって案外多いですよね。 私も古くから愛用しているものは結構あります。 まず挙げられるのが、髭剃りですね。 私は20歳の時に父から成人祝いとして、高級の電動髭剃りを買ってもらいました。 それからもう何年も経過しましたが、今でも現役です。 やっぱり高い髭剃りなので、滑らかに剃れるし、替え刃を変えれば何年も使えるのが良いですね。 そのため、古くから愛用していても、壊れずに日々の生活に活用しています。 そして、他にはアウトドアブランドのジャンパーもそうかもしれません。 これは18歳の時に両親から買ってもらったもので、今でも冬になると着ています。 やっぱりそこそこのブランドなので、何年着ても破けたり壊れたりしないのがすごいですね。 ブラックでもお金を借りたい もちろん今年の冬もこれを着て、友達とスノボーやスキーに行ったりもしました。 その時に、何度か転んだのですが、それでもこのジャンパーは破れませんでした。 このように、長年使っているものはやっぱり、愛着もあるし耐久性が良いので、 これからも大事に使おうと思いますよね。

着物っていいですよ。

今ってほとんど着物って着ませんよね。

 

結婚式、お葬式、子供の入学式・卒業式など、昔は少数ながらも着物を着て出席する人を見ることがありましたが、それすらも最近は洋服ですし、せいぜい見かけるとしたら、夏祭りや花火大会の浴衣姿か、成人式の振袖ですよね。なんか、ちょっとさびしいなあって思います。

 

というのも、私はお茶を習っているので、一年の間で着物を着る機会が結構あります。下手くそながら自分で着ることが出来るので、気軽に着て出掛けて行くことができます。

 

着物ってホントいいですよ。

着れば着るほど、そのよさがわかります。

もしかしたら窮屈とか思っている方がいるかもしれませんが、工夫次第で楽なように着付けることはできますし、洋服みたいに大またで歩いたり、場合によっては走ったりも出来ます。(さすがにはしたないのでしませんが・・・(笑))

 

それに着物は意外と色合わせや柄合わせが斬新なんです。もしかしたら洋服より自由かもしれません。「この色の着物にこの帯を」なんていろいろコーディネートするのも楽しいですよ。

 

みなさんも機会があればぜひ着物に親しんでみて下さい。

脱毛サロン 比較デピネットはこちら